放浪おやじの備忘録 TOP  >  2015年05月
月別アーカイブ  [ 2015年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

磐梯山

今年のGWは、かねてより行きたかった
磐梯山登山バイクツーリングキャンプに行ってきました。
この磐梯山への想いは、小6まで遡ります。
私の小学生時代はちょっと特殊で、
小5の時に臨海学校(2泊3日)、小6の時に林間学校(2泊3日)があったのです。
(ですので、修学旅行はありませんでした。)
で、その林間学校で登った山が磐梯山なのです。
当時、それまで筑波山しか登ったことのないワタクシは、ヘトヘトでした。
もう少し大人になったら、また登ってやるううぅぅ~とリベンジを誓った山です。
やっと実現しました(だいぶ大人になり過ぎてしまいましたがw)
当時登ったルートをトレースしたかったのですが、全く記憶にありません。
いろいろ調べた結果、一番楽そうな八方台登山口から山頂を目指す事にしました。

5/2
朝、会社倉庫に集合し、バイクで猪苗代湖の無料キャンプ場へ移動。
一般道でひたすら移動。夕方にはキャンプ場に着き、早々に宴会w
明日の登山に備え、早々に就寝。(う~~ん、健康的だw)
1_磐梯山
猪苗代湖から見る明日登る予定の磐梯山

5/3
2_日の出
日の出(からちょっと経った写真)

朝食を済ませ、バイクで登山口まで移動していると、道路脇に雪がチラホラ・・・
アルツ磐梯スキー場や猫魔スキー場の脇を通ります。
・・・
昔スキーをやっていた頃、猫魔スキー場ばかり行ってました。
雪の無いときに(自分の意思で)来たのは、初めてかも知れません。
9:00頃、登山口に到着しましたが、すでに駐車場が満車・・・・
でも俺たちはバイクなので空きスペースに適当に駐車しました。
道路に雪はありませんが、登山口から雪が積もってます。
この日のために買ったチェーンスパイクを装備し、出発~♪
3_八方台登山口
八方台登山口には雪が積もってます。


完全に雪山登山です。
雪山登山って登山道がない(雪斜面)だから、自由に歩ける=迷いやすい・・・
ですので、足跡や前の人を追いかけるように登っていきます。
今回は、我々の前後に何組かパーティがいるので安心です。
木々の中を自由に歩いていきました。
4_登り始め
出だし順調・・・のはず?




が、歩き出して30分、トレースがなくなり、
どこに向かって歩けばいいのか分からなくなってしまいました(泣)。
みんな、どっちだ?・・・こっちだ・・・あっちにいけそうだ・・・などと言いながら
ブッシュを掻き分けて進んでいきます。
すると、登山道にでましたwwww。

・・・

「登山道・・・あるじゃんww」


これってプチ遭難だったんじゃね?
と冗談を交わしながら(冗談になってませんが)、
今度は迷わないように登山道沿いに上っていきました。
登山道は、ほぼ平らな道で気持ち左側が登ってる感じがします。
う~~ん。。。山頂方面は左かな?と左に進んでいるとだんだん下っていく感じになってきました。
おかしいな~・・・反対方向が山頂かな?と思い始めたとき、
先ほど、登山口から上り始めたときにで見かけた3人パーティの人達が正面より進んできます。
話かけ、山頂方面を確認すると、やはり逆だったようで、すぐさまUターンしました。
登山道は雪がほとんど溶けてますが、ところどころ雪があり、
チェーンスパイクを3度程 着けたり、外したりしました。
一歩一歩確実に進み、やっとの思いで山頂に到着しました。
5_山頂
(登頂時間:登り2時間30分 9:30~12:00)

山頂に到達すると、沢山の人がいました。
サル山のようです。
結構、クッカー出して何か作って食べてる人が多かったので、
我々も邪魔にならない場所でラーメンを作って食べました。
6_磐梯山山頂らーめん
山頂で食べる(インスタント)ラーメン、最高です。
※靴を脱いだのは飛び降りるためではありません(念のためw)

俺の偏見ガイドで評価。
立地:★★★心地よい涼しい風と360度パノラマの絶景
味覚:★★★運動後の超腹減った状態で食う飯は何食っても激うまw
値段:★★★激安です(たぶん、総額200円くらい)
総合評価:★★★(まちがいない)

食事を堪能した後は、下山です。
登山道を外れないように、下山しました。
首の後ろと腕はヒリヒリして、赤くなってました(日焼けです)
下山途中、分岐のところで外人2人組み(アメリカ人っぽい)が地図を広げて立ち止まってました。
「ハロ~~~」とネイティブな英語で挨拶を交わしたところで、
「キャナイヘルプユー?」と聞いたら絶対話しかけてくるだろうな~~~と思っていると、
「ドチラカラキマシタカ?」と聞かれました・・・(思いっきり日本語じゃんwww)
俺のネイティブアメリカンが披露できずに、悔しかったのですが(心の中ではホッとしましたw)、
「サンチョウ カラ オリテ キマシタ~」と伝えると、山頂はこっちだから、
下山方向はコッチカナ~と地図見ながら悩んでる様子でしたので、
「コッチデアッテルトオモイマスヨ~」「メイビッ」と伝えました。
「アリガトゴザイマス」と言ってアメリカ人、スタスタ歩いていきます。
日本語話せない方の1人は裸足でビーサン履いてる・・・(雪なのに)
途中1箇所分岐があり、どっちか迷いましたが近くに居たカップルと相談し、
こっちだろうという方向に進んだら見事正解で、無事登山口に帰れました。


帰還して気が付いたのですが、登り始めの最初から登山道から外れてましたwww
(下山時間:2時間30分位13:00~15:30)

帰りに日帰り温泉で疲れを癒し、買出ししてベースキャンプに戻り夕食を取って寝ました。

5/4 日光方面経由で帰りました。
以上
スポンサーサイト
[ 2015年05月05日 00:00 ] カテゴリ:山・キャンプ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

卍自転車男卍

Author:卍自転車男卍
楓サーバーで活動中

代表BTM:200Lv(楓50位)
デーモン:200Lv(ランク外)
カイザー:200Lv(楓71位)

ブロとも申請フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。