スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイクの整備記録を書きとめておこうと思う 2

<ヤフオク購入編>
当時のXJR1200のヤフオクの相場は25万前後だ。(バイク屋だと35~50万位かな。)
安いのは20万位からあるが、入手してから金が掛かりそう。
そんな折、メンテ済みでしばらくお金が掛からないですよ~と謳うバイクを発見。
タイヤもほぼ新品、フロントフォークもオーバーホール済み、バッテリーも交換済み。
元白バイ隊員の親戚のオジ様より譲り受けたものなので、走行距離(1.7万km)も間違いないですよ~。
価格は31万。
確かに写真ではタイヤもほぼ新品(ヒゲが残ってる)。
ヤフオクにしてはよさそうなバイクである。
若干高めだがまあいいだろう・・・ということで即決したのだった。

<受け渡し編>
2015.7.26 受け渡し当日、ルンルン気分で横浜まで電車に乗って取りに行きました。
オドメーターは16500kmでした。
乗って帰る途中に、右フロントフォークからオイル漏れを発見。
すぐさま、オイル漏れてますよ~と写メで連絡したのだが、
「暑い日だったので、もしかしたら熱で漏れたのかもしれません。しばらく様子みてください」との返事。
しばらく様子を見たところでオイルの漏れは収まらない。
今思えば、当然ながら暑い日だからといって漏れていいってことにはならない。
一度漏れ出したフロントフォークは自然治癒などしないのであった。
帰宅途中に発見し、すぐさま連絡もし、OH済みとのことであったので、
OHしたところにクレームで修理できないですか?と聞いたのだが、
出品者が「ゆずり受けた時点でOHしていたと聞いています」とのこと。。。。
えっ???自分でOHしたんじゃないのか~~いwwww
これは、出品者がOHしていると信じている場合、
たとえOHしていなくても「第三者の善意」といって、
出品者が法律的に責任を負う必要が無いそうです。
うわぁぁぁ、やられた;w;
フォークの中は錆びだらけで、きっと錆びがシールを傷つけたのでしょう。
では、こちらで修理するので、バイク屋の見積り金額3万円返金願えないでしょうか?と聞いても、
受け渡し後は、ノークレームノーリターンですので、返金は受けられない。。。の一点張り・・・。
相手の名前は「馬●林」って奴だ。
おそらく日本人ではないのだろう。
日本の常識は通用しないあいてであった。
嫌な奴だが個人情報保護法違反で訴えられると困るので一部伏字でw
オレが出品者ならば、一部返金するけどな~。
んで、「ヤフオクを通さないで、直取引の場合はガソリン満タンにしますよ。」との
誘いに乗ってしまったので、マイナス評価(報復)もできないのだ。

エンジンは調子がいいだけに残念な取引になってしまった。
スポンサーサイト
[ 2017年06月26日 13:06 ] カテゴリ:バイク | TB(0) | CM(0)

バイクの整備記録を書きとめておこうと思う。

事の発端は、チャリ仲間の1人が、バイクでツーリングに行こう!との誘いにバイクへの情熱が再燃してしまった。
いわゆる リターンライダー ってやつだ。

俺のバイク歴は、
(ホンダ)VTZ250→(ホンダ)NSR80→(ホンダ)CBR250R→(スズキ)RGV250Γ(Ⅰ)→
(カワサキ)ZX-10→(ホンダ)CRM250R→引退

過去乗った中で一番面白かったバイクRGV250Γ(Ⅰ)を買おうと思っていたのだが、同じの買ってもしょうがないので、
当時乗れなかった(Ⅱ型前期)のへの字スイングアームが欲しいな~と物色していたのだが人気で高かったので、
安めな(Ⅱ型後期)を入手し乗っていた(これは当ブログでも過去に紹介している)。
レーシーなポジションは、攻めるには楽しいのだが、前傾姿勢がキツく、乗り始めて30分で首が痛くなる。
一度痛くなると、休んでも再び10分で痛くなる。
病院でMRI検査をしたら、軽い頚椎ヘルニアと診断された。
首は神経が多いので、よっぽどのことがない限り手術はしません(リスクが大きすぎるのだろう)。
もっぱら経過観察ですな~と・・・・。

あれは確か20歳のとき、夜中に交差点の先頭で信号待ちしていたら、後ろから
「キィィィィィ~~~~~ッ!ガゴ~~~~ンッッッ!!!!」
追突され、鞭打ちになってしまった。
それが歳と共に筋力が落ち、今頃になって頚椎ヘルニアになってしまったのだと思う。
首が痛くなると、もう苦行でしかないわけで、ハンドルを変更してアップポジションにしたり、いろいろ試したが
カスタマイズの限界を感じ、ツーリングが主な使用なので、バイクをチェンジすることに。
一緒に行く奴もナナハンなので思い切って大型バイクで探していた。
(免許は持っているので、大型でも大丈夫)

学生の頃、いつものバイク屋にたまたま遊びに行ったとき、バイトしない?と誘われ、バイク屋で働いたことがある。
ZX-10で事故って、自分で修理した経験もあり、エンジン内部以外の整備には多少の自信があった。
そんなボンビーなオレは、ヤフオクで購入することに。。。

ビックネイキッドで探すと、ホンダ、カワサキが目立ち、ヤマハは影を潜めている。
要は不人気車ってやつだ。相場も他の車種と比べ安い。
ヤマハには乗ったことがないので、ここいらでヤマハも悪くないな~と思って探していた。

つづく
[ 2017年06月06日 18:52 ] カテゴリ:バイク | TB(0) | CM(0)

茶臼山(八ヶ岳)

2016/7/17
今回は後輩Y君が来ないので先輩Sさんと2人で行くこととなった。
朝7:00の待ち合わせが2度寝してしまい、7:15に起きた。
やばいwww
速攻電話した。
すでに15分も待っているのにさらに1hも待つのは「ヤダ」と。
もう今日は「中止しよう」とまで言って、かなりご立腹の様子。
Sさんの家にいくから、帰って待っててとお願いし、家に向かった。
なんとか腹の虫を抑えてもらい、無事出発することが出来た。

今回の目的は、かねてより目標としていた「八ヶ岳」。
途中、所沢付近で渋滞にはまったが、あとはスムーズに行けた。
しかし、バイク乗りってみんなスピードだすね~~。
バビューーーンって抜いていく。
んで、調子こいて俺がたまにスピードだすと警察に捕まったりするから、俺は出さない。
黄色いセンターライン(はみだし追い抜き禁止)のときも追い越さない。
譲ってくれるのをひたすら待つwww。

奥多摩湖を抜けて国道411→国道20号のルートで「道の駅 信州蔦木宿」へ。
ここは温泉もあり、裏手の川原で(勝手に)キャンプをしていることで有名らしい。
2:00頃到着後、テント設置場所はどこか探しました。
規制線のようにロープが張られ、「キャンプ禁止」の文字があちこちにあり、
テント張ってる人は居ませんでした。この状況でテント張る勇気がありませんでしたので、
別の場所を急遽探します。
そんなときに便利なのが「はちのす」ってサイトです。
このサイトが閉鎖されたら、我々の旅は成り立たないでしょう。
近くのキャンプ場を探すと、「千代田湖キャンプ場」というところがありました。
乗り入れ不可ですが300円とリーズナブル。
早速電話したら、当直の方が電話に出られまして、
俺「あの~。これから千代田湖キャンプ場利用したいんですけど。」
担当「無料なのでマナーさえ守ってもらえれば、どうぞ」
俺「ありがとうございました」
のようなやり取りがあり、すんなり利用させてもらえました。
マナーとは、ごみの持ち帰り、バイクの乗り入れ禁止、直火禁止、騒音、などなどいろいろあると思いますが、まあそんなとこです。
無料キャンプ場なので設備は期待できません。道の駅併設の「つたの湯」でお風呂に入ってから移動しました。
途中で買出ししてからキャンプ場に到着。
テントのすぐ脇にこんな湖↓があるから、ぶよ注意かなw
039.jpg

トイレと水場を確認
トイレはきれいです。水場は「生水の飲用は禁止」と貼紙がありました。
水買っといて正解ですw。
なるべく平らな場所にテント設置後、早速宴会スタート。
18:30には食べ終わってしまい・・・
やることねえな~。じゃあ、寝るかwと、各々テントへ。
明日の登山予定の山を決めていなかったので「八ヶ岳」の本を持ってきたのですが、
スマホが圏外なので八ヶ岳の位置関係がまったく分からず、諦めて圏内に戻ってから決めようと
寝ました。
ふと目が覚め、時計を見ると、22:30頃でしたwww
まだ周りから話し声が聞こえます。
もうひと眠りして目が覚めると、1:30頃ですw
早く寝すぎましたねw
もう一度寝ると、今度は2:00過ぎ頃からお隣様がごそごそと始めてます。www
しばらく“うとうと”していましたが1組が出発していきました。きっと登山者でしょうw。
3:00頃、もう眠れないので起床し、朝ご飯(レトルトご飯)を暖めている間、ゆっくり撤収準備。
テントが夜露でビショビショでしたが、そのまま袋にぶち込んで、家で乾かそうと。
4:30頃出発しました。
近くのコンビニで目的地を決め、北八ヶ岳ロープウェイを使ってさくさくっと登ってしまおう!と
乗り場に移動しました。
6:00に到着しましたが、ロープウェイは8:00から営業でした。2時間も待ってられませんので、
登山口を探し、草麦峠(標高2127m)から登ることにし、移動しました。
046.jpg


登山届けを出し、7:01登山開始
最初はこんな感じw
048.jpg

茶臼山 8:10登頂(標高2384m)
たったの257mしか登ってねえしwww
筑波山より楽勝だったけど、景色最高ww
茶臼山(八ヶ岳)
(右に写ってる人は他のグループです)

眼下に広がる森?がすげ~~綺麗で、めっちゃ風がきもちいい。
この感動は写真では伝わらないな~w
[ 2016年08月03日 20:22 ] カテゴリ:山・キャンプ | TB(0) | CM(0)

東京キャンピングカーショー

7/3(日)
東京キャンピングカーショー(ビッグサイト)に行ってきた。
久々にバイクでも乗らねば。。。。とセルを回すも、エンジン掛かる気配なし;w;
セルを回し続けてたら、なんとか掛かりました。
くっそ暑い中、ビックサイトにお昼前に到着w
バイクなので、駐車場入場渋滞もかわし、300円で停められる。
某キャンピングカーメーカーより優待券をもらっていたので、前売り券と同額の800円で入場できた。
一応、お目あての車があるわけでして、パンフレットで場所を確認して、最短ルートで寄り道しながら目指します。

コンセプトは
登山口まで車で行くため、普通車サイズ(いわゆるバンコンまで)。
下山してから、ささっとシャワーを浴びて、ひと眠りしてから夜帰る。
自転車も積載できる。
基本的に、ボッチ(ソロ)でok。

この条件で選んだのが、レクビィのFivestar!
縦2段ベットで上の段に荷物(リュックや着替えなど)がさくっと置ける。
下段ベット脇に通路があるので、チャリをばらさず置ける(と思う)。
狭いながらもFRP防水のシャワー室がついてる。
簡易トイレも設置可能。

でね、興味深々で眺めてたのさ。
夫婦で来てる人達とかファミリーで来てる人達などは、ずかずかと乗り込んで説明員と話してるのね。
俺はボッチだから1人じゃん?
タイミング的に俺の内覧の番がなかなか回ってこない(ほら、俺って謙虚だからさw)
まえの人達には、カタログもらいました?よかったらどうぞ・・・とカタログを手渡ししてるのに。俺と目があっても、くれない・・・
くそっ・・・その扱いか・・・と内心悔しがってたんだけど、勇気を出してお話ししました。
俺:シャワーって温水でるの?
とか他にも質問したのさ。
店:op対応で、できますよ。水20L、温水20Lで混合して使います。排水は垂れ流しです。
(排水受けもopで作れます)。シャワー室高さは160cmです。
俺:へええ~どうもw
といって立ち去ろうとしたとき、
店:(良かったらどうぞ)・・・と期待していたのに、結局パンフはもらえなかった。。。
くそっ!!!俺は客じゃねえのか・・・・
しかも「この展示車両は700万」とか書いてあるし。。。
ホームページ上だと560万程度だと思ったのに。。。
そのあとアメ車ブース覗き込んできたら、よかったらどうぞと、内覧を促してきました。
恐縮しながら見せてもらいましたが、もう、移動する家ですなwww
全長7mオーバー、トイレも立派なシャワー室も、常設ベットもダイネットも全部ある。
お値段1200万円wwwww
店員が、「うちのお客さんはシャワー使わない人が多いですよ。物置になってます」と言ってました。
一応、(あくまでも 車を)置く場所ないな~・・・と丁重に挨拶して去りましたwww。
ひと通り見てみましたが、バンコン700万じゃ、キャブコンと値段かわらねえなあ~と
みてたら、ジュニアリボーンって小さめのキャブコンがあって、車体サイズ4,640mm×1,910mm×2,710mmと背は高いけど、全長が短く、エリシオンと変わらない。
立派なシャワーもあり、水タンク80L、温水20Lとたっぷりあります。
これで530万とか。。。。
発電機搭載、家庭用エアコン装備です。
冷蔵庫、簡易トイレ、電子レンジはop扱いか。。。。それでもレクビィより安い。
広々バングベットで寝れますし、機能だけ考えれば、言うことなし。1.8Lエンジンなので
ちょっと非力か・・・
シャワー設備をやめて目的地で日帰り温泉に入ったほうが安上がりかw。
そうしたら250万くらいの軽キャンパーで十分かな~(チャリ乗せられないな~)
と、しばらくは、ぐるぐる考えが回って飽きないな~w (・3・)
[ 2016年07月04日 19:28 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(2)

2016フジヒル

2016年度 富士ヒルクライムレース に参加してきました。

通称:フジヒル
日本で一番規模の大きいレースのようですが、初心者にもやさしいレースのようです。
全体的なコースは最初(傾斜が)きつく、後半緩やかになり、初心者でも走りやすいコースで、
最後にほぼ平坦なストレートがあり、そこでどれだけスピードを出せるか(脚を残せるか)で
タイムが変わると聞いた気がします。
計測距離24km平均勾配5.2%、最大勾配7.8%で、長いけど緩いとの評判ですが、
ぶっちゃけ、全然緩くないです。キツイですw。
タイムによってランク分けされ、65分以内だと「ゴールド」、75分以内だと「シルバー」、
90分以内だと「ブロンズ」、90分以降の完走は「ブルー」となり、その色の記念品(コラムスペーサ)がもらえます。
富士ヒル参加者にとって90分切りは、ちょっとした目標であり“憧れ”といわれているそうです。
切れそうで切れない・・・そんな微妙なタイム設定です。
申告タイムも「90分以内」を申告する人が、全体の7割を占め、達成する人は3~4割らしいです。

自分、今回で3度目の挑戦になります。
すでにブルーのコラムスペーサが2個もあり、青が好きなので青が欲しかったんですよね~(負け惜しみwww)
でも、もうブルーは要らないかな~w
前回の参加は一昨年前で、ブロンズを狙って90分で申告し、結果95分でブロンズ獲得にはなりませんでした。
(7割のうちの達成できなかった6~7割の方の1人ですwwww)
今年は試走3回も行きましたが、試走タイムも95~100分で90分を切ることは出来ないままの挑戦です。
梅雨入りし、天気も雨予報っぽかったので、雨ならDNS(Did Not Start)・・・
これだけ練習してDNSはちょっともったいないな~。でも雨ならブロンズ無理かな~とか色々な葛藤がありました。

作戦は
「前半は抑るけど、抑えすぎずに後半に繋げる・・・。」
3度目の試走のときに、前半飛ばさなければ、後半もタレないということが分かったので・・・。

6/11
前日受付がありますが、息子の剣道の試合を応援するため、(体育会系 縦社会の掟)後輩Y君に
受付をお願いし、自分はお昼過ぎに悠々と出発。
自宅出発前に既に受付完了しました~と連絡があり、急ぐこともないので、いつもどおり一般道で向かっていたのですが、
Y君も暇そうだし、結構遅くなりそうだったので途中から高速を使うことにしました。
首都高速「永福IC」から高速を使おうと思ったのですが、乗り口が分からずにスルー・・・。
高井戸付近で大渋滞にはまってしまいました。
次の乗り口である「調布IC」まで小一時間かかり、やっと高速に乗れました。
そこからは非常にスムーズでPM4:00に河口湖ICに到着。
(相模湖~河口湖まで30分強で到着です。大体、一般道の夜中で1時間、昼間で1時間半かかります)
日帰り温泉「泉水」で後輩Y君と待ち合わせ。
先週もらった割引券を使い、100円引きで入浴(700円で入れました)。
お風呂のあとは、カーボロディングのため、ステーキガストで苦しいほどご飯を食べ、
道の駅なるさわに移動し20時には車中泊で就寝。

6/12
翌朝?3:00に起床。
近くのセブンイレブンで朝食を食べ、大会側が指定した市営北麓駐車場へ。
4時ちょっと前に到着しましたが、すでに開門していました。
早速ローラー台でアップします。(10分軽く、5分強く踏み心拍100%まで上げて、5分流し・・・で終了。)
皆さん、トイレで結果を出そうと必死で、行列を作ってます。
後輩Y君もそこでは結果を出す男ですから行列に並んでるのですが、6:10迄には会場入りして下山用荷物を
預けなければなりません。
並んだ時間と移動距離を計算して、時間に間に合わないと判断して戦線離脱。
レッドブルとパーフェクトアミノバイタル1本を飲み、会場へ移動しました(奮発しました)。
荷物を預けた後は、自由時間がたっぷりありますので、皆さん、軽量化に余念がないようでが、繊細な自分は、
スタートまで約2時間、まったり仲間と話したり、ストレッチしながら過ごしました。
スタート15分前に梅丹の「2RUN」を2錠なめ、スタート直前にパーフェクトアミノバイタル1本飲みました。
(時間差攻撃で後半タレないようにするためです。)

今回も申告タイムは「全体の7割のうちの1人」ですが、85分で申告しましたので、
第6スタート(7:40分スタート)になりました。
スタートから計測開始ポイントまで少しあり(時間にして5分前後)、ハルヒルの時目標タイムに0.3秒遅れで
泣いた経験があるので、少しでもタイムを稼ごうと、計測開始前の平地直線で加速し、計測開始w
全力ですが、全力すぎると本当にバテるので、心拍の100%を超えないように走っていると、
同じペースの人が段々分かってきます。
この「痛ジャージのおっさん」に付いて行こう・・・油断すると離されそうになるペースで、淡々と距離を稼ぎます。
ちょっと坂が急になり、おっさんがダンシングしたので、自分もダンシングしたのが間違いで、
ダンシングが苦手な私は、心拍が急上昇し、とうとう離されてしまったのでありました。
背中が見える距離ではあったが、徐々に離されるのが分かったので、目標人物をチェンジw。
再度淡々と距離を稼ぎます。勾配がきつくなったら無理をせず、緩くなったら、頑張ってスピードを出して・・・
若干ですが、周りよりペースが速いのかな~と思い始めた頃、さっき離された痛ジャージのおっさんを発見w
同じような申告タイムですから抜きつ、抜かれつ。。。なんだろうな~と、ここは一気に抜き去りました。
やっぱり本番の雰囲気が影響しているのか・・・自分でも走れている実感があります。
50分過ぎた頃から腰が痛くなってきたので姿勢や座っている位置を変え、なんとか誤魔化しながら走っていると
気にならなくなりました。
モモが攣りそうな予兆がありました。。。。最後まで持つか不安でしたが、ペースを落としては本末転倒なので
梅丹の「2RUN(=攣らん・・・脚攣り防止タブレット)」の効果を信じてペースは落としませんでした。
やがて大沢駐車場の太鼓の音が聞こえてきて、自分に
「ここから!ここから!ガンガン行くよ~」と発破をかけました。
速い連中はさ~~っと抜いていきますが、自分も周りの連中を徐々に抜いていくことが多く、思ったよりペースが落ちてないことを自覚していました。
「これはいける・・・」内心そう確信しました。
そんなのはタイムを見れば明らかなのですが、タイムを見ると甘えそうだったので、メーターはスプリットタイムにしてあり、
ここに来るまでのスプリットタイムが目標値より速かったので、確実に貯金があるだろうという認識しかなかったのです。
ここからが最大の山場、山岳スプリット賞(19km~20km)区間です。
ここで一気に脚が削られますが、今回の自分は、なんだか違います。
順調にクリアし、最大の見せ場 直線へ
それほど風はないですが、30km/hを超えるスピードですので、風除けが欲しいところですが、
結構離れた前方に2人位居ましたので、なんとか踏ん張り、追いついたところで休憩させてもらいます。
途中、先頭を引いていた人が離脱・・・うまく後ろに入ってこられればいいのですが、確認する余裕はありません。
次に先頭を引いている人が離脱すれば、自分が引く番。
覚悟していたのですが、勇者が最後まで先頭を引いてくれました。(自分が出なかっただけ?)
トンネルを抜け、最後の激坂を上ればゴールというところでタイムを確認しました。
ぶっちゃけ(ブロンズ)余裕です。でも最後まで全力で駆け上がりゴールしました。
結果
1:25:15
自分史上、最速タイムです。

しばらくすると後輩Y君も死にそうな顔をしながらゴールしてきました。

タイムを聞くと1:29:45・・・ブロンズ獲得
みんなでブロンズ取れてニコニコです。
今回は楽しかった~w。
[ 2016年06月27日 18:40 ] カテゴリ:自転車 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

卍自転車男卍

Author:卍自転車男卍
楓サーバーで活動中

代表BTM:200Lv(楓50位)
デーモン:200Lv(ランク外)
カイザー:200Lv(楓71位)

ブロとも申請フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。